You are here: Home > >

特別養護老人ホームと違い、様々なタイプのある介護付き老人ホーム

老人ホームには幾つかの種類があります。

一般的なものが特別養護老人ホームといわれるものです。

これは介護保険の認定が必要になります。

比較的介護度の高い方が優先的に入所できます。

42万人の待機者がいると言われているこの特別養護老人ホームの不足を解消するために、民間運営による介護付き老人ホームの建設を国が推進しました。

介護付き老人ホームの入居要件も、特別養護老人ホームと同じように介護保険の認定が必要になります。

認定があれば介護付き老人ホームへの入居要件を満たすこととなります。

介護付き老人ホームは民間運営によるものが多いので、入居費用は特別養護老人ホームよりも割高になります。

特別養護老人ホームのように一律的な料金体系ではありません。

入居費用のうちの家賃などは実費となります。

介護付き老人ホームの入居費用は低額なものから高額なものまで様々なものがあります。

介護付き老人ホームはアパートタイプから豪華マンションタイプまで、いくら負担するかによって、幅広く選択できるようになっています。

介護付き老人ホームは数年で一気に増加しました。

入居費用と介護保険の認定結果に基づいた1割負担分の料金を頂くことができるので、安定した収入を得ることができます。

介護付き老人ホームは特別養護老人ホームの入居者よりも軽度者の入居が多いようです。

介護保険の財政も厳しい状況にあるようで、今まで介護付き老人ホームの建設を推進してきましたが、総量規制をするようになりました。

自治体によっては建設ができないところもあります。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans