You are here: Home > >

整体師資格・リフレクソロジスト 足は人体の縮図とも言われます。 

足は人体の縮図といえるほど、身体の各機関と神経と血管と直接間接的に接続されている。
つまり、何千もの神経や血管がクモの巣のように絡み合っている足を適度に刺激することで、健康維持に良い方法になるという事です。

方法としては、大豆砂利又は竹を繰り返し踏む方法もあり、指圧スリッパを履いて過ごしたり、一人でよく足の裏を掻くようにマッサージしてくれれば良い。
これにより、自律神経を刺激されるので、間脳を中枢とする不隧意筋の運動が活発になり、複数のの神経系が併せて活性化されることを実感することができるだろう。
このように足の裏を刺激するだけで、病気の治療や疲労回復や体の代謝を活性化させることができますので、十分健康管理をすることができる。

《足のマッサージは、このように!》

フットマッサージは重力により下方に引き寄せられる血液を足裏刺激を介して新鮮な血液は心臓に、濁った血液は腎臓を介して排出されるようにする、 血液循環の原理を利用したものである。

といってむやみにマッサージするのではなく、それぞれ順序ややり方があるものだ。
それではどうするのが良いか。
まず、暖かいお湯で足を洗って、筋肉の緊張を解放するのが良い。
この時、石鹸を使わずに アロマのような足のシャンプーを使用すると、殺菌はもちろん、消毒まですることができ、香りでリラックス効果もあって良い。

もし足専用シャンプーがない場合は、ぬるま湯に塩を入れ足を5~10分程度浸し、足の裏のあちこちをこすれば良い。

その後、皮膚がある程度乾いた状態でツールを使用して、角質を削除するのがコツである。。
もし足が濡れた状態で角質を削除しようとすると、傷付けてしまうので、注意をする必要がある。

ここで重要なことは、足を十分にこすり、下に溜まった血液を正常に循環されるようにしてあげる事です。
そのため、基本的に足を手で包んで握った状態で、体の方に向かって強く圧力を与え押し上げ、 逆に足に向かって降り際に力を抜く要領で摩擦する。

この時、手のひらにクリームを塗って足の指の間、足の甲、足の裏などをまんべんなく刺激するようにしなければならない。
この順序で足のマッサージをすれば優れた効果を期待することができる。
しかし、この場合にも注意が必要する点がある。

第一にした部位を集中的に5分以上はこすらないようにする。
通常、一度に3~4回、1分程度が適当であるとする。
良いと思い多くすることはむしろ害になることもあるだろう。
そして足のマッサージをする時は天然の植物オイル成分のクリームを使用するのが良い。

一般的なマッサージクリームを使用すると、あまりにも滑ので、マッサージをすることは非常に困難になる。
アロマやオリーブ系の天然植物系のクリームを使用してマッサージを効果的にして 足の老廃物を抜いてことが望ましくまた、マッサージが終わった足でも冷やしてそのまま置かないようにする。

マッサージ後は、温かいタオルや毛布で足を包んで保護する必要があり、外出を控える方が良い。
暖かい部屋の中にいると、血液の循環により良いからである。

最後に、食事の後すぐに足のマッサージをすることは避けた方が良い。
少なくとも食後1時間30分程度は経過してこそ、体に負担を与えないようになる。
また、足に傷がある場合とか、妊婦の場合は、専門家の支援を受けることいい。
もちろん、病気があったり、極度の疲労状態にあるときにも足のマッサージは避けた方が良い。

このようにセルフマサージでも疲労回復などに効果が期待できますが、もっと詳しく知りたい方は整体師・リフレクソロジストの育成学校などで学ぶのもよいですね。
就職などに役立ったりと自分の財産になるでしょう。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans